家族のための転職

家族との時間重視の転職準備[履歴書・職務経歴書]

家族の為に転職を考えた時、履歴書と職務経歴書を先に作りましょう

なぜなら、転職サイトに登録する際に履歴書と職務経歴書をWeb上で作成する必要があるからです。

 

履歴書と職務経歴書を先にWord等で作成しておくと、転職サイトに登録した際に貼り付けるだけで完成させることが出来ます。

転職サイトに登録した後すぐに転職活動が始められるので、履歴書と職務経歴書を先にWord等で作成しておきましょう。

この記事では家族のために転職する方向けの履歴書と職務経歴書のポイントと例を紹介します。

通勤時間や子供が寝た後など、時間のある時に履歴書と職務経歴書を作成しましょう。

作成にスマホとPCどちらも使用するのであれば、Simplenoteが便利です。

スマホとPCのどちらで作成してもリアルタイムで保存してくれます。

通勤時間はスマホで作成、夜はPCで作成したい場合にオススメです。

Simplenoteで作成したのち、Word等へ貼り付けることもできます。

家族の為の転職準備[履歴書・職務経歴書]

履歴書の作成ポイント

転職サイトの登録時に履歴書を入力する必要があります。

このため、登録前にWord等で作成しておくと登録がスムーズに行えます。

西暦・和暦をどちらもまとめる

履歴書には西暦・和暦どちらの表記も存在します。

その都度変換していると時間のロスになったり、変換ミスをする可能性があります。

このため、西暦・和暦どちらも書き出しておくと便利です。

学歴

平成○年・20○○年 4月 ○○高等学校 ○○科 入学

平成○年・20○○年 3月 ○○高等学校 ○○科 卒業

平成○年・20○○年 4月 ○○大学 ○○学科 入学

平成○年・20○○年 3月 ○○大学 ○○学科 卒業

職歴

平成○年・20○○年 4月 ○○会社 入社

平成○年・20○○年 ○月 一身上の都合により退社

平成○年・20○○年 ○月 ○○会社 入社

現在に至る 以上

資格をまとめる

普通自動車運転免許など、資格を持っている場合は取得した年と月を書き出しておきましょう。

こちらも西暦・和暦どちらも書き出しておくと、フォーマットによって変換する必要がなくなります。

取得した月も必要となることに注意です。

平成○年・20○○年 ○月 普通自動車運転免許

平成○年・20○○年 ○月 チャイルドカウンセラー

平成○年・20○○年 ○月 家族療法カウンセラー

令和○年・20○○年 ○月 アンガーマネジメントベーシック

写真を準備する

スマートフォンなどで自分の顔写真を撮影しておきましょう。

写る上だけはスーツに着替えましょう。

奥さんに撮影してもらうと客観的に良い写真を選ぶことが出来ます。

写真の印象が悪いだけでも審査から落ちる可能性もありえるので注意しましょう。

縦と横のサイズは4:3です。

例を出すと、600×450ピクセルなどです。

本人希望欄の使い方

小さい子供がいて、福利厚生を細かく希望を出したくなりますが、最小限にとどめましょう。

本人希望欄に書いてよい内容

・勤務時間

フレックスタイムがある企業では書いてよいです。

例:可能であれば勤務時間は8:00~17:00を希望します。

コアタイム(必ず勤務していなければならない時間)に気を付けて下さい。

 

・通勤方法の希望

もし、自宅付近に転職するのであれば、自転車通勤を視野に入れても良いです。

例:可能であれば自転車通勤を希望

 

本人希望欄に書かない方が良い内容

・給料

・交通費

・休憩

 

本人希望欄に書くことがない場合

希望がない場合は下記で良いです。

貴社の規定に従います

備考欄の使い方

短期離職や休職など、マイナスポイントがあった場合は理由を書きましょう。

・前の会社のグチにならないようにする

責任は自分にある

対策案を書く

職務経歴書の作成ポイント

下記の流れで作成することがポイントです。

1.職務履歴箇条書きでまとめる

2.職務履歴をにまとめる

3.職歴要約をまとめる

4.自己PRをまとめる

頭が整理され、書きやすくなります。

職務履歴を箇条書きでまとめる

まず、職務経歴を箇条書きでまとめましょう。

書き出す項目は下記になります。

箇条書きでまとめる内容

[期間とプロジェクト内容]

[係わった製品]

[業務内容]

[経験とスキル]

[期間とプロジェクト内容]

例:(20〇〇年○月~現在) 自動車用エンジンの設計

[係わった製品]

例:自動車用エンジン(金属)/部品設計担当

[業務内容]

例:

・仕様打ち合わせ

・構想設計、基本設計、詳細設計、量産設計

・熱・応力・流体解析

・作図

・新人教育

・評価試験

[経験とスキル]

例:

・3DCAD/CATIAV5を用いたモデリング、図面作製

・CAE/CATIA Analysis、ANSYS

・鋳物のモデリング知識

・鋳物の材料に関する知識

・新人教育担当の経験

・客先との打ち合わせ・調整業務経験

・Excelの関数・マクロの知識

職務履歴を表にまとめる

書き出したのち、Word等で表にまとめましょう。

コピーして使用するため、Excelではなく、Wordが良いです。

育児休業や介護などで休職期間があった場合は記載しましょう。

上の表では業務内容の一番下に記述しています。

自分にマイナスの事があっても正直に記入することが大切です。

職歴要約をまとめる

職務経歴をもとに、文章でまとめましょう。

字数は400字くらいが良いです。

・仕事に対してどのような想いで取り組んできたのか

どのように成長してきたのか

自信を持っている内容

面接で聞かれたときに答えやすい内容を記す

まとめる際の順番は下記にすると伝えやすいです。

1.現在の業務はなにをしているのか

2.どのような業務に携わったのか

3.どのように成長したのか

4.今後どのようにしていきたいのか

職歴要約まとめ例文

大学を卒業後、自動車用エンジンの設計に3年間携わっています。

客先と打ち合わせをして仕様を決めることから始まり、量設計まで行いました。若いうちからベテランの方達と打ち合わせをし、量産まで一貫して携わることが出来ています。

3DCAD(CATIAV5)の使い方や図面の読み方を学び、CAE/CATIA Analysisを用いて性能の解析も行いました。

また、資料をまとめる際はExcelの関数やマクロを使い作業時間を5時間短縮したこともあります。

Excelの関数やマクロの知識はありませんでしたが、効率化できると考え、本を読み勉強しました。

この経験から、業務の効率化を考えて自分の知識を広げることの大切さを学びました。

更に、約半年間は新卒2人の教育を任せてもらうことが出来ました。

新卒2人を教育する上では、ほめる機会を増やすことを大切にしました。

業務を細分化し、できたらほめることでほめる機会を増やしました。

このことで、新卒2人は自信をつけることができ、チームが解散した際に他のチームでも即戦力になることが出来ました。

この経験を活かし、自信をつけてもらうような指導をしていきたいです。

経歴を盛らず、ありのままの経歴をまとめましょう。

経歴を盛ってしまうと、転職後に自分が出せるパフォーマンス以上が求められてしまうからです。

マネジメント経験がないのにマネジメント経験があると記載し、採用された場合を考えてみて下さい。

入社直後にマネジメントが要求され、できなかった場合、あなたへの信頼がなくなってしまいます。

入社直後に解雇されたり、自分から転職を考えてしまうかもしれません。

必ずありのままの経歴を記載しましょう。

自己PRをまとめる

企業が求めている能力を自分が持っていると証明する事が大切です。

企業か求めていいる能力例

・自ら行動できる人材

・コミュニケーションが出来る人材

・チームをまとめていく人材

面接時に訊かれたい内容や自信を持っている内容をまとめましょう。

何パターンか作成しておき、企業の求める人物像によって使い分けると書類審査が通りやすくなります。

自己PRは下記の順番にまとめると伝えやすいです。

1.結論

2.理由・根拠

3.具体例

具体例を記す順番:状況課題行動結果

4.結論

自己PR例

企業の求める人材:自ら行動できる

1.結論

私が自信を持っているのは、知らない知識を学び業務へ生かすことが出来る事です。

2.理由

客先への説明資料をExcelにてまとめた際、VLOOKUP関数を使い、作業時間を5時間短縮し、入力ミスを無くすことが出来たからです。

3.具体例

3.1.状況

私が業務に携わる前、説明資料のExcelは全て手入力で行っていました。

3.2.課題

説明資料には同じ図面名称と図面番号を何十か所も入力するため、手入力では時間がかかる上にミスも多くありました。

3.3.行動

そこで、VLOOKUP関数を使い、図面名称を入力するだけで図面番号が自動で入力されるようにしました。

図面名称も選択式にすることで入力の手間を削減することが出来ました。

3.4.結果

選択入力と自動入力を使うことで、業務時間を5時間削減することが出来ました。

また、確認も楽になりました。今までは何十か所も確認していましたが、VLOOKUP関数に使用している図面名称と図面番号を1ヵ所ずつ確認するだけになったからです。

4.結論

以上の経験から、私は知らない知識を学び業務へ生かすことが出来る事に自信を持っています。

語学スキルをまとめる

あなたの語学スキルはどのレベルなのか、まとめて記入しておきましょう。

TOEICなどを受けていた場合は、点数をまとめておきましょう。

例:英語スキル

会話レベル

・上級(専門的な話題で会話ができる)

・中級(ビジネス場面での会話ができる)

・初級(日常会話ができる)

読解レベル

・上級(専門的な文章をすらすら読める)

・中級(ビジネス文書は難なく読める)

・初級(文章から要点が分かる)

作文レベル

・上級(状況に合わせた文書を自在に作成できる)

・中級(報告書等のビジネス文書を支障なく作成できる)

・初級(容易な文書を作成できる)

TOEIC

○点

TOEFL

○点

Simplenoteを使うと便利

履歴書や職務経歴書の作成にスマホとPCどちらも使用するのであれば、Simplenoteが便利です。

スマホとPCのどちらで作成してもリアルタイムで保存してくれます。

通勤中はスマホで書き、夜はPCで書くことが出来ます。

もちろん、書いた文章をWord等に貼り付けることもできます。

PC画面

スマホ画面

自己PRや面接対策のネタだしなど転職中にとても便利です。

もちろん無料のアプリです。

Simplenoteのダウンロードはこちら

履歴書と職務経歴書をあらかじめ作成しておくことで、転職サイトをスムーズに登録することが出来ます。

時間の空いているときに作成しましょう。

 

NEXT

履歴書と職務経歴書が出来れば、次は転職サイト選びになります。

家族のための転職の流れに沿って解説していますので、次に進みましょう。

 

スポンサーリンク