男性の育児休業

赤ちゃんと外出するときの持ち物

赤ちゃんと外出するとき、下記のものが必要になります。

赤ちゃんと外出するときの持ち物

・オムツ2枚以上

・おしりふき

・ビニール袋2枚以上

・哺乳びん

・着替え

・スタイ(よだれかけ)1枚以上

粉ミルクの場合

・粉ミルク

・湯冷まし

・お湯

液体ミルクの場合

・液体ミルク

 

離乳食中は下記を追加

・離乳食

・スプーン

・食事用エプロン

育児休業中、外出をすると気分転換が出来ます。

奥さんの体調がよくなってきたら、一緒に外出することをオススメします。

1人で外出するのは大変でも、2人でなら余裕が出来ます。

食事と赤ちゃんの抱っこを交互にすることで、ファミリーレストランにも行けます。

また、日に当たることで赤ちゃんの生活リズムを作ることが出来るメリットもあります。

そこで、男性が赤ちゃんの持ち物を準備できると出発がスムーズになります。

なぜなら、女性は化粧など外出するときの準備に時間がかかるからです。

私も里帰りなど、予定通りに出発できなかった経験をしています。

ぜひ、あなたが奥さんの代わりに荷物を準備してあげて下さい。

赤ちゃんと外出するときの持ち物

オムツ2枚以上

オムツは少なくとも2枚以上は持った方が安全です。

オムツを変えたとたん、ウンチをする可能性があるからです。

私も何度か経験しています。

6時間以上外出する場合は更に1枚持ちましょう。

外出時、オムツは少なくとも2枚持っていた方が安心です。

おしりふき

おしりふきは重いですが、パックのまま持った方が安心です。

少量のパックもありますが、ウンチが出た時に足りなくなると困ります。

おしりふきはパックのまま持っておくことをオススメします。

ビニール袋2枚以上

ビニール袋は2枚以上持ちましょう。

1枚目は使用後のオムツを入れるため。

2枚目は汚れた着替えを入れるため。

駅や家電量販店などのトイレでオムツを替える場合、捨てる場所がありません。

ビニール袋は2枚持っておくことをオスススメします。

哺乳びん

ミルクを飲ませるため、哺乳びんを持ちましょう。

ミルクを飲ませる回数が1回の場合は、普段使っている哺乳びんを持ちましょう。

ミルクを飲ませる回数が2回以上の場合は、使い捨て哺乳びんがオススメです。

なぜなら、普段使いの哺乳びんを洗うことが出来ないからです。

ミルク回数に合わせ、哺乳びんを使い分けましょう。

ミルク1回:普段の哺乳びんを持ちましょう

ミルク2回以上:使い捨て哺乳びんを持ちましょう

着替え1着

着替えは1着持ちましょう。

よだれ、ミルクの吐き戻し、おしっこの漏れなど、汚れる要因はたくさんあります。

すぐに着替えさせることができるよう、インナーとアウターを合わせて畳んでおきましょう。

着替えは1持っておくことをオススメします。

スタイ1枚以上

スタイ(よだれかけ)は1枚持っておくと安心です。

長時間の抱っこでよだれが服につくのを防いだり、ミルクを飲むときにも使えます。

外出の際、スタイ1枚は用意することをオススメします。

粉ミルクの場合

粉ミルク

粉ミルクはスティック状のものが便利です。

外出前に持ち運び用の粉ミルクを飲ませることが大切です。

いつもと味が異なると飲まない可能性があるからです。

外出前に持ち運び用の粉ミルクを飲むか確認しましょう。

湯冷まし

外出先にベビールームがない場合、湯冷ましを持ちましょう。

なぜなら、ミルクを冷やすことが出来ないからです。

ベビールームがあれば、水道を使ってミルクを冷やすことが出来ますが、ベビールームがない場合は湯冷ましを持ちましょう。

お湯

お湯を持つと安心です。

ファミリーレストランやカフェなどで、「ミルク用のお湯をもらえませんか?」と聞くと、もらうことも出来ます。

私は断られたことはありません。

念のため、お湯を持っておくと安心です。

液体ミルクの場合

液体ミルク

外出の際は液体ミルクが便利です。

液体ミルクは哺乳瓶に移し替えればすぐに飲ませることが出来るので便利です。

ベビールームが使えるなら粉ミルクでもよいのですが、冷ますのに時間がかかります。

液体ミルクを普段から用意しておくと外出時に便利です。

液体ミルクはパックや缶など、数種類販売されています。

パックと缶はそれぞれ内容量が違うので、子供の飲む量に合わせて液体ミルクを持ちましょう。

外出前液体ミルクを飲ませてみましょう。

粉ミルクは飲むけれど、液体ミルクは飲まない可能性があるからです。

味が違う冷たいなど、赤ちゃんにとって飲まなくなる理由があります。

リンちゃんは液体ミルクを飲みましたが、ルーちゃんは飲みませんでした。

粉であっても冷たいミルクは飲まないので、冷たかったことが原因のようです。

このため、液体ミルクを外出前に飲ませてみることが大切です。

離乳食中は下記を追加

離乳食

外出先に便利な離乳食が販売されています。

離乳食を買うときには下記に注意して下さい。

・月齢

・アレルギー

スプーンが付いているか

和光堂の離乳食であれば、スプーンが付いています。

ですが、キューピーの離乳食にはスプーンが付いていません。

和光堂離乳食に付いてくるスプーンのサイズはカップアイスを食べるときと同じくらい(約8cm)です。

小さくて食べさせにくいかもしれませんので、普段使っているスプーンを持った方が無難です。

スプーン

スプーン付きの離乳食であっても、スプーンを持ちましょう

離乳食に付属のスプーンは小さくて食べさせにくいです。

加えて、子供が触った拍子に落としてしまう可能性もあります。

離乳食に付属されていても、スプーンを持ちましょう。

食事用エプロン

離乳食を外で食べさせるときは、食事用エプロンを持ちましょう。

使い捨てエプロンが便利です。

フードコートであれば、ゴミ箱に捨てることが出来ます。

また、離乳食が終わっても3歳くらいまで使うことができます。

私は使い捨てエプロンがあったおかげで、フードコートや日高屋へ行くことが出来ました。

まとめ |赤ちゃんと外出するときの持ち物

赤ちゃんと外出するときの持ち物

赤ちゃんと外出するときの持ち物

・オムツ2枚以上

・おしりふき

・ビニール袋2枚以上

・哺乳びん

・着替え

・スタイ(よだれかけ)1枚以上

粉ミルクの場合

・粉ミルク

・湯冷まし

・お湯

液体ミルクの場合

・液体ミルク

 

離乳食中は下記を追加

・離乳食

・スプーン

・食事用エプロン

チェックリスト

チェックリストの画像データを作りました。

スマホで見たり、印刷して使ってください。

奥さんが化粧をしている間などに準備ができると、スムーズに外出できます。

是非、あなたが持ち物を準備してみて下さい。

 

スポンサーリンク