男性目線の育児グッズとおもちゃ

1歳半でも大きいシャボン玉が作れる道具!|コスパ最強の道具2つ


トイザらス限定 ジャイアントバブルセット しゃぼん液237mlつき

こんにちは。

シャボン玉道具を10種類以上試した三娘(さんむす)パパです。

今回紹介するのは、10種類以上から厳選したシャボン玉の道具2つを紹介します。

こんな人向け

大きいシャボン玉を手軽に作りたい

・一度でシャボン玉をたくさん作りたい

 

こんな人は大丈夫

・シャボン玉道具に600円以上かけたくない

・電動式がほしい

 

シャボン玉道具は100均にも売っていて、たくさんの種類がありますよね。

私は10種類以上のシャボン玉道具を試してきました。

でも、「どの道具も一緒じゃない?」と思っている方もいると思います。

 

そんなあなたのために、この2つあれば十分なシャボン玉道具を紹介します。

1つ目は“大人の顔より大きい”シャボン玉が作れる「ジャイアントバブルセット」です。

こちらはトイザらスで見つけました。
価格は600円以下(2020/11/24時点)です。

トイザらス限定 ジャイアントバブルセット しゃぼん液237mlつき

 

2つ目は“一度に1000発”のシャボン玉が作れる「千連発シャボン玉」です。

 

こちらはシャボン玉の有名メーカーの「友田商会」の商品です。

価格は200円ほど(2020/11/24時点)です。

1000発かは確認していませんが、1度吹くだけでたくさんのシャボン玉を作ることが出来ます。

 

大きいシャボン玉やたくさんできるシャボン玉は子供にとってあこがれですよね。

今回紹介する道具を使えばカンタンに作れますので、ぜひ子供のあこがれを体験させてあげて下さい。

1歳半でも大きいシャボン玉が作れる道具!|コスパ最強の道具2つ

1歳半でも大きいシャボン玉が作れる道具!|コスパ最強の道具2つ

1.大きいシャボン玉が作れる「ジャイアントバブルセット」

2.一度に1000発!?「千連発しゃぼん玉」

3.シャボン液の作り方

4.まとめ

1.大きいシャボン玉が作れる「ジャイアントバブルセット」

1.1.ジャイアントバブルセットのメリット3つ

1.1.1.大人の顔より大きいシャボン玉が作れる

1歳半のリンちゃんでも、大人の顔より大きいシャボン玉が作れます。

腕を回したり、息を吹きかけると大きいシャボン玉が作れます。

風が吹くだけで大きいシャボン玉が出来ることもあります。

最初は難しいかもしれませんが、次第に慣れてきます。

子供が作れない場合は、パパが作ってあげましょう。

大きいシャボン玉を追いかけて割るだけでも、子供は楽しめます。

1.1.2.口をつけないでシャボン玉が作れる

口をつけないでシャボン玉が作れるので、シャボン液が口の中にはいる心配がありません。

ストロー式のシャボン玉は小さい子供の場合、シャボン液が口に入ってしまう可能性があります。

でも、ワンドを振ってシャボン玉をつくるので、口を付けずにシャボン玉を作ることが出来ます。

1.1.3.価格が600円以下で大きいシャボン玉が作れる

大きいシャボン玉が作れるのに、価格は600円以下(2020/11/24時点)です。

これほどコストパフォーマンスが良いものは他にないと思っています。

子供1人につき、1つ買える価格はありがたいです。

1.2.ジャイアントバブルセットのデメリット2つ

1.2.1.シャボン液の使用量が多い

作れるシャボン玉が大きい分、シャボン液の使用量が多いです。

私が子供と遊ぶ場合は1回につき、500mlくらい使います。

1回遊ぶのにペットボトル1本分使うので、シャボン液の使用量が多いです。

1.2.2.ワンドが折れてしまう

子供が遊ぶからか、ワンドが折れてしまいます。

折れやすいほどではないですが、よく遊ぶと半年持たないかなと感じています。

商品自体は600円ほど(2020/11/24時点)なので、複数持っておくといいと思います。

私は子供が三人いるので、予備として3つストックを持っています。

1.3.ジャイアントバブルセットの内容物

1.3.1.丸形ワンド

内径15.3cmの丸形ワンドです。

大人の顔より大きいシャボン玉を作ることが出来ます。

1歳半のリンちゃんでも大きいシャボン玉を作ることが出来ます。

シャボン玉の作り方のコツは、うちわを縦に振るようにゆっくり動かすことです。

1.3.2.星形ワンド

こちらは子供の顔くらいの大きさのシャボン玉を作ることが出来ます。

ワンドを持ち、手を横に伸ばして自分が回転して作ると、たくさんできます。

自分が回るだけで、たくさんの大きいシャボン玉を作ることが出来ます。

星形のシャボン玉が出来るの?

と子供に聞かれるかもしれませんが、出来るのは丸形です。

1.3.3.皿

ワンドに合わせた大きさの皿が付属します。

大きいシャボン玉を作るコツは、シャボン液でワンドを埋めるほどの量を入れることです。

少ないと、すぐ割れてしまいます。

シャボン液はワンドを埋めるほどの量を皿の中に入れることが大きいシャボン玉を作るコツです。

1.3.4.シャボン液

シャボン液が237ml付属します。

私が遊ぶ時は、スーちゃん、リンちゃんと遊びます。

3人で遊ぶと、500mlくらいシャボン液を消費します。

なので、付属のシャボン液だけでは足りません。

遊ぶ前に、シャボン液を買うか作ることをオススメします。

2.一度に1000発!?「千連発しゃぼん玉」

2.1.千連発しゃぼん玉のメリット

2.1.1.ひと吹きでたくさんのシャボン玉が作れる

千連発しゃぼん玉のメリットひと吹きでたくさんのシャボン玉が作れることです。

本当に1000発作れるのかは数えていませんが、たくさんのシャボン玉を作ることが出来ます。

2.1.2.シャボン液が口に入りにくい

口につける部品とシャボン液をつける部品が分かれているため、シャボン液が口に入りにくいです。

シャボン液をつける部品にもスリットが付いているので、よりシャボン液が口に入りにくいように設計されています。

1歳半くらいのお子さんの場合、遊んでいるうちにシャボン液が口に入ってしまう可能性があります。

シャボン液が口に入りにくく設計されていますが、注意して下さい。

2.1.3.価格が200円ほどで買える

価格が200円ほど(2020/11/24時点)なので、コストパフォーマンスが良いです。

壊れた時用に複数持っておくことをオススメします。

2.2.千連発しゃぼん玉のデメリット

口をつける部品が割れやすいです。

子供はストローなどを噛んだりするので、口をつける部品が割れてしまう可能性があります。

1回遊んだだけでは壊れませんが、口をつける部品が割れやすいことに注意です。

2.3.千連発しゃぼん玉の付属品

2.3.1.ロケット型

4つのストローをつけたロケットが本体です。

一度にたくさんのシャボン玉を作ることが出来ます。

2.3.2.ストロー型

一般的なストロー型も1本付属します。

定番のシャボン玉も遊べます。

別に買う必要がないので、うれしいです。

2.3.3.トレー

ロケット型が使えるサイズのトレーが付属します。

ストロー型のシャボン玉を遊ぶ時にも便利です。

小さく薄いので、風で飛ばされないように注意して下さい。

2.3.4.シャボン液2つ

シャボン液が2つ付属します。

2つ付いてくるのはうれしいです。

3.シャボン液の作り方

私なりのシャボン液の作り方をお伝えします。

シャボン液の消費量が多いので、ぜひ手作りをしてみて下さい。

シャボン液を作ること自体が“遊び”になります。

シャボン液の材料

ぬるま湯:600ml

キュキュット:70ml

洗濯のり:200ml

キュキュットは界面活性剤成分が37%と、他の洗剤に比べ界面活性剤成分が高いです。

シャボン液を作るのがめんどくさい人は、100均で買えるシャボン液でも十分遊べます。

ですが、消費量が多いです。

遊びの一つとして、子供と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ |1歳半でも大きいシャボン玉が作れる道具!|コスパ最強の道具2つ

ジャイアントバブルセット

・大人の顔より大きいシャボン玉が作れる

・価格は600円ほど(2020/11/24時点)

・シャボン液の消費量が多い

・接続部の爪が割れやすい

 

千連発しゃぼん玉

・一度にたくさんのシャボン玉が作れる

・価格は200円ほど(2020/11/24時点)

・口をつける部品が割れやすい

シャボン玉道具はこの二つあれば十分と言い切れるほど自信を持っています。

子供がシャボン玉を作るのが難しい場合、大人が作り、子供は割るだけでも楽しめます。

ぜひ、お子さんと一緒にシャボン玉を楽しんでください。

トイザらス限定商品ですが、楽天なら登録不要で購入できます。

トイザらス限定 ジャイアントバブルセット しゃぼん液237mlつき

とてもたくさんのシャボン玉が出来るので、シャボン玉遊びがさらに楽しくなります。

次のオススメ記事はこちら

・3歳からの外遊びにポケットカイトのオススメポイント5つと2種比較

・1歳半の子供と遊ぼう!買ってよかったおもちゃ「スティッキー」

・3歳の子供と外で遊ぼう!買ってよかったおもちゃ「ソフトソーサー」

スポンサーリンク